入社祝い金 今月のTOP3

トヨタ(愛知) 45万円
マツダ(広島・山口) 45万円
スバル(群馬) 45万円
その他のメーカーはここからチェック!

やっぱり本国の中国人もアホだった。

元記事:やっぱり本国の中国人もアホだった。
昨日、本国にいる中国人はどうなんかね~ってブログに書いたけど、
やっぱりアホだった(爆)。

今、スッキリで見たけど北海道でもアホ達が迷惑かけまくってるみたいだ。笑

 【小樽】JR函館線朝里駅(小樽市朝里)の周辺で、線路に入って写真を撮る外国人観光客が相次いでいる。昨年12月から列車の急停止や発車の遅れが6件発生。朝里でロケをした映画が中国と韓国で上映されたことを契機に、無人駅の同駅を訪れ、記念写真を撮る外国人観光客が増えていることが背景にあるようだ。JR北海道は朝里駅や小樽駅に注意を呼び掛けるポスターを張って再発防止に努めている。

 朝里駅を所管する小樽駅によると、線路内に入る外国人観光客が最初に確認されたのは昨年12月4日。遮断機が下りている同駅近くの踏切内にいた外国人を普通列車の運転士が発見。同駅を出発するのが5分遅れた。その後も1月12日までに外国人が線路内に入ったり、踏切内に入ったりして列車が急停止や遅れた事例が5件続いた。列車の乗客も含めけが人はなかった。

 朝里駅は2015年1月、新婚夫婦がハネムーン先の小樽で繰り広げる人間模様を描いた台湾の監督の短編映画のロケ地となり、同8月に中国で公開された。また、韓国では1995年に日本で公開され、99年に韓国で大ヒットした映画「Love Letter(ラブレター)」が昨年1月に再上映された。ラブレターは小樽市朝里の中学校がロケ地の一つで、短編映画とラブレターの再上映によって、中国人や韓国人の間で朝里の人気が高まっているという。

いや、スッキリで見たけどマジで凄かった。
中国のアホな親とアホな子供。
子供は小皇帝って呼ばれてるんだって?
クソガキ、ポストに雪を入れるし民家に雪玉投げつけてるし。
更に民家の敷地内に堂々と入っていく泥棒民族中国人。
記者が中国人のクソ親に注意しても、悪い事はしてないという態度。
遮断機降りても線路に入っていくアホ民族。
列車を止めてんじゃねえよ。
もう電車で轢いてもいいんじゃない?
一人でも多く世界から基地外は消したほうがいいと思うぞ。
自分は地球を滅ぼすのは中国人だと思ってるから。

そりゃあ、会社の中国人研修生はクズばかりだ。
早々に全中国人研修生の帰国を願う。
国外に出たら恥をかくだけだから、中国の美味しい空気を吸ってたほうがいいぞ。
綺麗な空気は中国人には勿体ない。
中国人は汚れが似合ってる。

そもそも、日本で映画の撮影すんなよ。


にほんブログ村
続きを読む>>やっぱり本国の中国人もアホだった。(【元】中年期間工が更にとろける。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です