入社祝い金 今月のTOP3

トヨタ(愛知) 45万円
マツダ(広島・山口) 45万円
スバル(群馬) 45万円
その他のメーカーはここからチェック!

トヨタ自動車の春闘一進一退

元記事:トヨタ自動車の春闘一進一退
皆さんは労働組合に加入していますか?日本国憲法では労働者が団体を組織する権利が保証されており、具体的には労働組合法によって活動が保証されています。その労働組合が経営者と待遇改善などを求めて団体交渉を行います。日本では毎年新年度前に一斉に交渉を始める「春闘」というものがあり、トヨタ自動車も例によってこの時期に行われています。しかし今年の春闘はうまくいっていないようです。ニュースによると、トヨタ自動車の労働組愛と経営者との考え方の相違で交渉が一進一退のようです。労働組合側は当然ベースアップ(通称ベア)を求めていますが、経営陣は米国の政情不安定を理由に渋っています。まぁ、経営者としてはできるだけ労働者に支払う給与を低くしたいのは当然なので、毎年意見の食い違いは発生します。ただ期間工の人もトヨタ自動車の労働組合に参加する権利はあります。一般的に正社員だけという認識ですが、アルバイトや契約社員も労働組合に参加できます。ここでの交渉は間接的に期間従業員の待遇改善にもつながるのでしょうか?ここは色々な意見がありますが、少なからずあると思います。ただ悪い経営者は、「正社員に与えるお金が増えたのだから、アルバイトや契約社員への時給を減らそう」と考えるでしょうね。おれは関係ないと踏んでいる期間工の方はもし労働組合に参加できるならば、期間工代表歳う気持ちで活動に参加してみてはいかがでしょうか。
続きを読む>>トヨタ自動車の春闘一進一退(トヨタ期間工まとめブログ-給料、面接、寮住まい、仕事内容など)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です