入社祝い金 今月のTOP3

トヨタ(愛知) 45万円
マツダ(広島・山口) 45万円
スバル(群馬) 45万円
その他のメーカーはここからチェック!

期間従業員として働くのであれば、やはり3ヶ月ではなくて最低半年は働くべきだったかも?

元記事:期間従業員として働くのであれば、やはり3ヶ月ではなくて最低半年は働くべきだったかも?
みなさんこんにちは。前回の更新から半年以上経過してしまいました。というのも期間従業員として働いた期間がたったの3ヶ月間だけだったので、つまるところ定期的に記事を書くだけのネタに恵まれていないわけです…

けれども、働いた期間がわずか3ヶ月程度であったとしても、僕にとっては刺激に富んだ体験として今でもよく思い出すことが少なくありません。

どういう形であれ、自動車作りに参加してお金を頂くということは、恐らくこの3ヶ月間が最初で最後になるはずですし、日常的な存在であるクルマのウラ側?を垣間見れたことは、自分にとっても有意義であったのではないかなと思います。

最低半年は働くべきだったのか?

ところで、僕が勤め上げた期間は何度も触れたように3ヶ月ですが、できれば3ヶ月だけとは言わず、最低でも6ヶ月間きっちり働くべきだったのかなと後になって考えてしまうことが多々あります。

当時は働く期間を短くしてでも(その分給料の総額が少なくなったとしても)先に進みたかったという思いが強かったのですが、やはりいざ先に進んだ後で、金銭的な問題で多かれ少なかれ悩むことがあったので、そんな時には「あの時もうちょっと働いていればなあ…..」と思ってしまうこともよくありました。

しかし現実には、「やはりもっと働くべきだった」と簡単に断言できるものでもありません。期間従業員としての生活は、なんだかんだで負担ではありましたし(もちろん持続可能なレベルですが)、何と言っても満了後に海外で出会った友人たちとは、もう3ヶ月長く働いていたとしたら完全にすれ違いとなっていたはずで、友達にはなっていなかったでしょう。

特にこの後者の点に関しては、単純に金銭と比較することは到底できないので、「もう少し働くべきだった」などとは簡単には判断できないのです。満了後の海外行き以前にも、すでに海外経験はあったのですが、あそこまでウマの合う人々と海外で出会うことはそう多くはないので、「満了が3ヶ月遅くなったとしても、出会う人が変わるだけに過ぎない」と考えることはできません。根本的に知り合う人の質が変わってしまうのですから。

おまけ・もう一度期間従業員として働きたいと思うか?

今の僕であれば、基本的に(残念ながら)もう一度働くことはないと思います。まず第一に、僕が期間工として働くのがイヤだからというよりも、3ヶ月で満了させたという経歴が面接時にマイナスに動くのではないかと感じ、そもそも面接そのものが大変億劫でならないからです。落ちる気しかしない面接に向かうのは結構きついはずです。

そして第二に、今の僕は当時の僕ほど若くはないので、どうしてもキャリア形成を考えながら仕事を探さなくてはならないという事情もあります。短期(あるいは中期)的には頂くことのできる給料はいいのですが、先に続くものであるのかと考えた際に、工場の正社員を目指しているわけではない僕にとっては疑問符のつくところがあります。(繰り返しになりますが、自動車工場の正社員を目標にしているのであれば、期間従業員として働いた経験はキャリア形成に役立つはずですので、そうしたケースであれば文字通り先に続くでしょう。)

けれども、どうしても短期でまとまったお金を稼ぐ必要が出てくれば、恐らく再び働くことがあるかもしれません。もちろん雇ってもらえればの話ですが。

少なくとも僕の働いた環境を考える限り、ホワイトな労働環境でしたし、そうした職場環境が珍しい国内事情を考慮すれば、やはり期間従業員として働くことは選択肢の上位に自ずと上がってきます。

ほとんど一年ぶりに書いた記事になりますがいかがでしたか?
このブログは僕にとっては期間従業員としての日々に結びついたある種の日記のようなものなので、何か思うことがあれば、今回のように更新していくかと思います。

それではまた。

続きを読む>>期間従業員として働くのであれば、やはり3ヶ月ではなくて最低半年は働くべきだったかも?(期間工ライフ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です